DirectoryDiffBackup 1.0

DirectoryDiffBackup 1.0

ディレクトリの差分バックアップを行うソフトです。
一般的なディレクトリを比較して差分をマージするようなタイプでは無く、
保存していた一覧と比較し、差分ファイルのみを抽出するようになっています。
DirectoryDiffBackup.zip (29.54 kb)


以下readme.txtの転記。
--------------------------------------------------
ディレクトリ差分バックアップ 1.0 for Windows Vista/7
All Rights Reserved,CopyRight(C) 2011 By 雪乃 雅

http://lyrical-magical.net
miyabi.srr@air.email.ne.jp


■はじめに
ディレクトリ差分バックアップは、以前保存しておいた情報を元に、
更新・追加されたファイルをピックアップし、指定したディレクトリに出力するソフトです。
iTunesのライブラリをメインのPCで更新した際、 サブのPCのライブラリを同期したいため作成しました。
主に自分用に作成したため、GUIはもの凄く使いづらく、機能も非常に低機能です。

■インストール
適当な場所に解答後、ディレクトリ差分バックアップ(以下、当ソフト)を実行するだけです。
レジストリ等は使用していませんので、不要の場合はディレクトリごと削除して下さい。

■使い方
このソフトによる差分出力を行うには、変更前にファイルの一覧を取得しておく必要があります。
ソフトを起動し、確認フォルダの所にパスを記載するか、フォルダを指定ボタンを押して、対象のフォルダを指定します。
その後、一覧を取得ボタンを押すことで、その時点でのファイルリストが作成されます。

対象フォルダのファイルを変更し、差分出力を行う場合は、ソフトを起動し、リストファイルを指定します。
フルパスを手入力で入れることも可能ですが、ファイルを指定ボタンから指定することで、
確認フォルダは自動的に入力されます。
その後、出力先を指定した上で、差分出力ボタンを押すと、差分が出力されます。

差分として出力される条件は、ファイルの追加、変更により更新日時が変更された場合です。
ファイルが変更されていても、更新日時が変わっていない場合、対象にはなりません。

■動作必須環境
.NET Framework 4.0

■開発環境
Windows 7 Ultimate x64
Visual Basic 2010 Express Edition
Inte Core 2 Duo P8600 / AMD E-350

Author:雪乃 雅

「雪乃 雅」と書いて、「ゆきのみやび」と読む。
DoRaGooN PRoJeCTのdragoonの部分は、スペルミスでは無く、+originalityの意味である…ということだった気がする。

RecentComments

Comment RSS

Month List